企画展・イベントExhibition & Event

企画展終了

開催日:2016年11月16日(水)~2017年1月14日(土)

今日の反核反戦展2016

守り抜こう九条と表現の自由 ―反核反戦展メッセージ(アッピール)―

安倍政権の下で、戦争の危機はいよいよ高まってきた。戦後70年、我が国を「国家テロ」(チョムスキー)ともいうべきアメリカが起こす戦争に巻き込まれることから、かろうじて守ってくれた憲法九条も危なくなってきた。いつ、その息の根が止められるか分からない。既に、眼に見えない情報の網の目が国民の頭上に幾重にもかけられ、昔とは全く違うかたちのファシズム体制が、すっかり出来あがっているのだ。われわれ「表現者」は、断じてその網にからめとられてはならない。体制側の巧妙な世論操作 “大本営発表” に騙されてはならない。守るべき最も大切なものは「表現の自由」である。創造の場に於いては他者から「むつかしい」とか「分からない」などという指摘をおそれない強気が必要である。たとえ「自己満足」とみなされ、非難されてもよいではないか。その上で逆に全ての自己満足を束ねて、強く、しぶとく体制に抗おう。昔の戦争ではそれができなかった。たとえば、わたしの先輩(名古屋・美術文化の会員)の話では、戦争中、彼の作品は官憲に没収され、焼き捨てられたという。今後、二度とそういうことが起きてはならないのである。われわれのこの「反核反戦展」は、小さいながらも、そのための重要な拠点だ。あらゆる困難を乗り越えて、強く、しぶとく闘い続けようではないか!

(2016年7月 池田龍雄)


出品作家
相澤秀人/相澤るつ子/相本みちる/飯田俊人/池田龍雄/池原浩子/石川雷太/石神智明/稲垣三郎/井上活魂/大橋範子/小畑和彦/柿沼倫子/影山あつこ/金子清美/上江智之 /姜泰成/姜蓮花 /菊地道夫/喜屋武貞夫/草薙静子/黒田オサム/小杉和美/小林政雄/小林芳雄/小堀八千代/近藤あき子/佐藤俊男/塩川吉廣/島村宗充/鈴木文枝/鷲見純子/清野裕子/清野光男/園阿莉/髙橋輝雄/瀧口弘毅/田島和子/谷口僚/だるま森/津野元子/出店久夫/永松健/中村安子/奈良幸琥/原健吾/ヒーロー伊藤/広田美穂/星野文昭/本多和夫/本多文代/マエノマサキ /前山忠/増田敏郎/万年山えつ子/三木祥子/満窪篤敬/村雲司/村田訓吉(日本憲吉)/薬師寺波麻/山川靖夫/山﨑涯之/山田徹/横湯久美/吉岡セイ/和田真由子(トビハ)/ユイマール(清水公明、照屋夏樹)/神奈川朝鮮中高級学校 美術部/A3BC反戦・反核・版画コレクティブ/反原発美術館/THaNATOS6(岩田恵、阿部大輔、目羅健嗣)/SYプロジェクト(石川雷太、今井尋也、万城目純、内田良子、多田美紀子、佐野友美)


会期中のイベント

オープニングイベント
○11月19日(土) 12時30分より 参加自由(入館券別途)
 交流パーティー、パフォーマンス公演
 原爆の図 丸木美術館 観音堂前(雨の場合は場所を変更します)
 【パフォーマンス出演(順不同)】
 奈良幸琥/黒田オサム(ほいと芸)/SYプロジェクト『ゼロベクレル プロジェクト』石川雷太(ノイズ)今井尋也(鼓)内田良子(朗読)山田裕子(ダンス)佐野友美(パフォーマンス)柳生(二胡)藤田ひとみ(パフォーマンス)/トビハ(舞踏)/大橋範子『DEEP DEMOCRACY』/THaNATOS6 岩田恵(箏)× 阿部大輔(尺八)× 目羅健嗣(紙芝居)/日本憲吉(村田訓吉)『表現の魂・表現の自由を叫ぶ/日本国憲法前文朗読』+ガスバーナーパフォーマンス
 ☆A3BC反戦・反核・版画コレクティブによる版画ワークショップも行います。

ディスカッション 核×戦争のアートアクティヴィズム
○12月17日(土) 13時より 参加費500円(資料・茶菓子代、入館券別途)
 原爆の図 丸木美術館小高文庫(※参加者数により変更) 
 【出演者と発表内容】
 ■小倉利丸(批評家) 遊動と根拠地:アナログ・アートアクティビズムへ
 ■岡村幸宣(原爆の図丸木美術館 学芸員) 《原爆の図》の活動期――占領下、1980年代、そして現在
 ■狩野愛(アートアクティヴィズム研究) アートアクティヴィズムは国境を越える

アーティスト・トーク
○2017年1月14日(土) 12時30分より 参加自由(入館券別途)
 「今日の反核反戦展2016」の出展作家が自作について語ります。パフォーマンス、弾き語りなども予定。

企画展・イベントトップへ