丸木スマの絵Suma’s Works

丸木位里の母・丸木スマは、70歳を過ぎてから嫁である丸木俊のすすめで絵を描き始めました。
長く家業の船宿や野良仕事をしながら子どもを育ててきたスマは、以来、1956年に81歳で亡くなるまでに700点を超える厖大な数の絵を描きました。

「そんなに描いたら疲れるでしょう」と俊がいうと、「畑の草取りにくらべたら遊んでいるようなものだ」と答えたそうです。
スマさんの描く動物たちはユーモラスで豊かな表情やしぐさを持っています。
花を描くといつも画面から溢れんばかりの生命力が満ちています。たとえそれが花瓶に挿された切り花であっても。

それはまるで、スマさんそのものが投影されているかのよう。
明るくて優しい、見るものを幸せにしてくれる絵です。
その天衣無縫で奔放な作風は画壇に認められ、1951年には初めて日本美術院展に入選、53年には院友に推挙されました。

丸木美術館では、開館以来、「原爆の図」とともに、必ず丸木スマの絵も展示しています。一見、「原爆の図」とは正反対のように見えるスマの絵ですが、根っこの部分はつながっていると思います。
実際に原爆を体験しているスマは、「ピカは人が落とさにゃ落ちてこん」という、本質を鋭く見つめた言葉を残しています。

丸木美術館企画展 丸木スマ の記録

2017年9月 丸木スマ展 おばあちゃん画家の夢
2011年12月  丸木スマ展 生命のよろこびを見つめて
2009年6月 丸木スマ・大道あや展―命を織りなす絵画―
2007年7月 スマおばあちゃんの夏休み
2006年5月 没後50年 丸木スマ展
2004年9月 丸木スマ展 不思議な色彩と表現の世界
2002年12月 生きもの讃歌 丸木スマが描いた動物たち
2001年9月 丸木スマ展 74歳、はじめての絵筆
1997年12月 丸木スマ展 いとおしき生き物たち
1993年10月 丸木スマ展
1991年11月 丸木スマ未発表作品展
1986年3月 丸木スマ全作品展 花と人と生きものたち

丸木スマ 略歴

  • 1875
    1月2日、広島県安佐郡伴村(現広島市安佐南区)の農家、上田伝平の長女として生まれる
  • 1895
    安佐郡飯室村(現広島市安佐北区)の丸木金助と結婚(戸籍上の入籍は1897年)。家業の船宿を手伝うかたわら農業に従事
  • 1901
    長男・位里出生
  • 1931
    広島市三滝町に移り住む
  • 1945
    原爆投下を体験
  • 1948
    このころから絵を描きはじめる
  • 1950
    第4回女流画家協会展に出品
    第2回広島県美術展に出品
  • 1951
    第5回女流画家協会展に《母猫》《川のかに》など出品、中央画材賞を受賞し会員になる
    再興第36回院展に《餌》《野》《海》初入選
  • 1952
    広島・福屋で「丸木スマ個人展」開催
    第6回女流画家協会展に《みのりの秋》《白い鳥》《鳥たち》など入選
    再興第37回院展に《池の友達》《鳥の林》《せみがなく》など入選。
    第4回選抜秀作美術展に「池の友達」招待出品。
  • 1953
    第4回選抜秀作美術展に《池の友達》出品
    第7回女流画家協会展に《庭先》《せどの山》など出品
    再興第38回院展に《巣》《きのこ》入選、院友に推挙される
    この年広島の福屋、東京の白木屋で個展開催
  • 1954
    第8回女流画家協会展に《にわとり》《やさい》《蝶》出品、日本航空賞受賞
    童画展に《ふるさと》《動物》出品
    『丸木スマ画集』(大塔書店)刊行
  • 1955
    第6回選抜秀作美術展に《蝶》出品
    第9回女流画家協会展に《ろん》《ばくろう》出品
    再興第40回院展に《簪》入選
  • 1956
    第10回女流画家協会展に《魚》《鳥》出品
    11月14日、東京都練馬区の自宅で死亡
  • 1957
    東京、名古屋、徳島、広島で遺作展
    「現代美術十年の傑作展」に《池の友達》展示
  • 1958
    第12回女流画家協会展に遺作12点特別陳列
  • 1961
    「近代百年を彩る女流画家展」に《簪》《ばくろう》出品
  • 1962
    本間美術館にて「丸木スマ遺作展」開催
  • 1972
    広島県立美術館「第2回郷土物故作家展」に70点出品
  • 1981
    NHK日曜美術館で「私と丸木スマ」放送
  • 1984
    『丸木スマ画集 花と人と生きものたち』(小学館)刊行
  • 1986
    世田谷美術館「芸術と素朴」展に《簪》《ろん》出品
  • 1988
    西宮市大谷記念美術館「丸木位里・俊 原爆の図展」に併設して「丸木スマの世界」展開催
  • 1998
    佐喜眞美術館にて「丸木スマ・大道あや親子展」開催
  • 2000
    愛媛県美術館「‟素朴”って? ライフ&ビジョン」展に《ろん》、《内海の魚》、《柿もぎ》出品
  • 2006
    東京藝術大学大学美術館ほかを巡回した「NHK日曜美術館30年展」に《小鳥の滝》《蝶》《きのこ》《巣》出品
    埼玉県立近代美術館「美術館は白亜紀の夢を見る」に《鳥の林》《池の友達》出品
  • 2007
    「丸木俊・スマの世界 いのちあるものたちへの讃歌」が北海道立旭川美術館ほかを巡回
  • 2008
    川口市立アートギャラリー・アトリエ「マイ・アートフル・ライフ 描くことのよろこび」展に出品
    埼玉県立近代美術館「丸木スマ展 樹・花・生きものを謳う」開催
    NHK新日曜美術館「母と娘 咲き誇るいのち 丸木スマ・大道あや」放送
  • 2010
    栃木県立美術館「イノセンス―いのちに向き合うアート」展に出品
    西田美術館「この素晴らしき世界 丸木スマとアール・ブリュット」開催
  • 2013
    立命館大学国際平和ミュージアム「丸木スマ展―生命を見つめて」開催
  • 2017
    一宮市三岸節子記念美術館「丸木スマ展 おばあちゃん画家の夢」開催