お知らせInformation

10月18日 朗読会+演奏のお知らせ

朗読会+演奏
モスコウ、東京/1937-1941~赤松俊子と永井荷風の1937-1941~

1937年4月から1938年の1年、そして1941年1月からの約半年の赤松俊子のモスクワでの暮らし。
東京麻布の偏奇館での独居、そして、毎日のように浅草、吉原を徘徊する永井荷風の日常(日乗)は、東京大空襲で焼け出されるまで続いた。

丸木俊「女絵かきの誕生」と永井荷風の日記「断腸亭日乗」を中心に、1937-1941年をよみ/きく朗読公演です。

 1937年7月7日 盧溝橋事件
    日中戦争下の日本/東京
 1941年6月 独ソ戦が始まる直前のモスコウ
    10月 東条英機内閣の成立
 そこには、どんな時間が流れていたのか

朗読は八怪堂、演奏は都幾川のほとりで行ない、ことばと楽器の音のそれぞれが、モスクワ/東京/中国…、同時に存在する異なる声を空間的に示すこころみです。

朗読の声が楽音となり演奏の音がことばとなる/1941年と2020年が通底する

<出演>
 渡邉 悟(朗読)
 髙瀬伸也(演奏:percussionなど)

<朗読作品名>
 1. 丸木 俊『女絵かきの誕生』朝日新聞社(1977)
 2. 永井荷風「断腸亭日乗」(1937&1939-1941年の日記から抜粋)岩波書店(1981)
 3. 古川ロッパ『古川ロッパ昭和日記・戦中篇』晶文社(1987)(1941年の記述から抜粋)
 4. 太宰治「待つ」(1942)
 5. その他

〈会場〉
 朗読:八怪堂
 演奏:都幾川のほとりで
 (雨天時は、新館での公演となります)

〈公演日時・時間〉
 2020年10月18日(日)14:00-
 公演時間:45分~1時間(予定)

<観覧料>
 無料(ただし、美術館入場料は必要です。)

<参考>
 私の企画公演は、ずっと以前から、丸木美術館の新館など屋内でやるときは、朗読者、演奏者は多くの場合、「おーい」と言うほど各コーナーに離され、観客席はその真ん中に、勝手な方向を向いて、パラパラと置かれていました。
屋外での公演では、演奏者は、都幾川を、足を濡らしつつ渡って中州に行き、そこでフルートを吹いたりしていました。
また観客数も、何の制限も加えたわけでは無いのにだいたいいつも3名以下です。
といったように極めて時代順応的な形態になっております。

<公演の内容についての問合せ>
 ici-aillurs@an.em-net.ne.jp (高瀬)

お知らせトップへ