企画展・イベントExhibition & Event

企画展終了

開催日:2012年6月2日(土)~7月7日(土)

特別開催 福島原発の闇

©水木プロ


1979年の『アサヒグラフ』10月19日号・26日号に、フリーのルポライター堀江邦夫さんの原発労働者のルポルタージュと、水木しげるさんのイラストレーションが掲載されました(当時の題は「パイプの森の放浪者」)。
33年前に発表されたルポルタージュであるにも関わらず、その内容は原発の現場がいまも昔も変わらぬものであるということに驚かされます。

この作品は、昨年3月11日の福島原発事故発生後に単行本として新たに編集され、8月に『福島原発の闇 原発下請け労働者の現実』として朝日新聞出版より刊行されました。原発労働を体験するため身元を隠して福島原発で働いた堀江さんの迫真の報告、そして水木さんの力の入った細密なイラストレーションの迫力には圧倒されます。

『福島原発の闇』の解説によれば、水木さんは「原発で働く労働者の姿に、無責任な大本営体制のもとで末端兵士として死にかけた自らの戦争体験を重ねていた様子だった」そうです。
この一連の作品の原画は見つかっていませんが、丸木美術館では、“福島から広がる視点”の特別展示の一環として、当時の『アサヒグラフ』のイラストレーションを拡大複写して紹介することにしました。

展示に際しては、ルポを手がけた堀江さんより、画像データや当時の貴重な『アサヒグラフ』を提供していただきました。
当時のレイアウトの都合上、イラストの上に文字が載せられており、その部分は今回の拡大複写では再現できませんが、作品の迫力は十分に伝わることと思います。
なお、堀江さんのテキストは、『福島原発の闇』から一部を引用して紹介しています。

企画展・イベントトップへ