前売りチケット

企画展・イベントExhibition & Event

企画展開催予定ピックアップ

開催日:2024年2月23日(金)~5月6日(月)

阿波根昌鴻 写真と抵抗、そして島の人々

演習地・十字架の看板を立てて訴える若者 1955年

阿波根昌鴻(あはごんしょうこう、1901-2002)は沖縄戦後、米軍に占領された伊江島で農民たちと共に非暴力の土地闘争を行った人物として知られています。阿波根は「銃剣とブルドーザー」と呼ばれた強制的な土地接収や米軍の横暴、射爆演習場による被害を記録するためにカメラを入手して1955 年から島の記録を始めました。島で唯一のカメラを米軍に抵抗する手段とした阿波根は、「乞食行進」と呼ばれる行脚や陳情を展開するなかで沖縄における「島ぐるみ闘争」の一翼を担うようになりました。
生前、唯一の写真集として『人間の住んでいる島』(1982年)が出版されていますが、ここに収録された闘争の写真以外にも島の人々の肖像や日常を写した写真が数多く遺されていることが分かりました。
本土での初めての展覧会となる本展では、3000枚以上ものネガから新たに制作したデジタルプリント 約350点を展示します。「沖縄のガンジー」と呼ばれ、平和運動家として知られる阿波根の写真家としての側面をご覧ください。

主催:原爆の図 丸木美術館
共催:わびあいの里、島の宝・阿波根昌鴻写真展実行委員会
企画:小原真史
企画協力:阿波根昌鴻資料調査会、東京工芸大学、小原佐和子

2024年4月 20 日(土)午後 2 時 トークイベント「人間の住んでいる島」
出演:比嘉豊光(写真家)× 玉城睦子(伊江村立西小学校元教頭)×小原真史 (本展キュレーター、東京工芸大学准教授)
参加無料(当日の入館券が必要です)

2人の子供 1955-67年

米軍の鉄条網と制札 1955年

陳情小屋前の阿波根昌鴻 1955年

演習で使われた1トン爆弾 1955-67年


企画展・イベントトップへ